足のニオイ特集♪足のニオイを消すにはどうしたらいいの?

初めまして♪
デオドラント屋さんの足のニオイを消す特集サイト担当の米倉と申します。
このサイトでは、足のニオイの原因や、どういうデオドラントの商品おすすなのかを解説していきたいと
思います。
足のニオイに本気で悩んでいる人は是非読んでくださいね。

足のニオイってどうしてつくの?



足のニオイというのは床やスリッパなど常に何かに触れていますし、
靴下や靴などで覆われているので蒸れやすい環境にあります。

そのためどうしても臭くなってしまうのですが、
普通なら臭いがあっても石鹸で洗えば取れます。

ですが、中には洗っても洗っても臭いが残る方もいます。

足のニオイの臭いはふとした時ににおってしまうものなのですぐに改善が必要ですが、
そのためにはまず原因を知っておきましょう。

足のニオイの臭いの元とは?



足の臭いの要因となるのは、分泌される汗や古い角質、
そしてバクテリアやコリネバクテリウムなどの雑菌です。

足のニオイからも当然汗が分泌されていますし、
擦れることで角質も剥がれやすいのですが、肌に存在する常在菌がこれらを分解します。

汗や角質が分解されると、イソ吉草酸という物質が生成されます。

このイソ吉草酸が足のニオイの臭いの元となるのですが、
この分解物は洗っても落ちにくいという性質を持っています。

イソ吉草酸はイソバレリアン酸とも呼ばれるもので、
魚や牛乳、そして納豆など食品にも含まれる香気成分でもあります。

ただし香気といっても、足のニオイの臭いは
納豆のニオイにも例えられることから分かるように、
単独で嗅ぐと強烈な臭気を持っているので足のニオイの臭いの原因となるのです。

足のニオイが臭いやすい人とは

足のニオイの臭いはイソ吉草酸のせいで発生しますが、
この物質はすべての人に作られるわけではありません。

サンダルなど通気性の良い靴を履いていたり、
こまめに足を拭いて清潔に保てるのであれば雑菌の繁殖が防げるので
イソ吉草酸も発生しにくくなります。

イソ吉草酸が発生しやすいのは、
汗をかきやすい方やブーツや靴を履いていて通気性の悪い状態が長時間続く方です。

足のニオイが臭いやすい環境になってしまう方は、
まずはその状態を改善することから始めましょう。

足の臭いを消すための対策としてデオドラントスプレーを利用する方もいますが、
臭いが混ざって余計に臭くなるかもしれません。

イソ吉草酸の臭気は洗っても落ちにくく、
他のニオイでは抑えるのも難しいので、発生させる原因から改善していくことが必要なのですね。