重曹足湯の効果はすごい!!

足の裏の臭いの原因となるイソ吉草酸は、
一度発生してしまうとなかなか取れません。

 

石鹸で洗っても取れませんし、
入浴後しばらく臭わなかったとしても
時間が経つとまた臭いを発生させるというぐらい強烈な臭気を持っています。

 

そのため市販のデオドラント剤でもニオイが消えないので、
常に足が臭い状態が続くのですね。
そんな悩みを持っている方におススメなのが、
重曹足湯という対策法なんです!

 

重曹が臭いに効く理由

足の臭いの対策アイテムはいろいろ発売されていますが、
何を使っても効果がないという方は重曹足湯を試してみましょう。

 

最近はお掃除アイテムとして注目されている重曹には、
優れた消臭効果があります。

 

この効果は、重曹が弱アルカリ性で、
臭いを発生させる酸性物質を中和するという作用によるものです。

 

足の臭いを発生させるイソ吉草酸は酸性なので、
重曹で中和させることによって臭いを解消出来るのですね。

 

本当に臭いが消えるの?と思う方は、
とりあえず重曹で足の裏や指の間をこすってみてください。

 

これだけでも臭いが消えるので、
重曹がどれだけ効果が高いか分かるでしょう。

 

重曹足湯のやり方

重曹足湯の方法はとても簡単で、洗面器にお湯を張ったら、そこに小さじ1杯の重曹を加えてしっかり混ぜるだけです。
後は足をつけて10分から15分ぐらい経ったら、乾いた清潔なタオルで拭き取りましょう。
もし臭いが強い場合は30分ぐらいつけておいても大丈夫です。
お湯につけているときに、指の間や爪の周りを洗ったり、かかとをこすったりすると落としきれなかった汚れや角質が落ちるのでさらに効果がアップします。
ただし重曹足湯をする場合は、雑菌がついたままだと効果が半減してしまうので、必ず足を洗っておいてください。
1回で効果を実感できますが、毎日続けることで継続して臭いの発生を防ぐことができます。
それでもちょっと臭いが気になるという方は、さらに小さじ1杯のお酢を加えてみてください。
お酢は酸性ですが消臭効果があるので、重曹との相乗効果でより強力にイソ吉草酸の臭いを抑えることができます。